2011年09月20日

赤坂ホルモン焼肉 小倉優子が契約問題解決で結婚加速もファン「これからが大変」

タレントの小倉優子(27)が、所属事務所アヴィラとの契約解除を求める仮処分を東京地裁に申請していた件で、東京地裁が昨年12月31日で契約関係を終了しているとの判断を示していたことが、主要メディアの報道で明らかになった。

 報道によると、小倉は今年1月に契約解除を求める仮処分を東京地裁に申請。一方のアヴィラ側も4月中旬に小倉の無断出演を禁止する仮処分命令を同地裁に申請していた。今回、同地裁が「昨年12月31日で契約関係は終了している」との判断を示したことで、解決に向かうものと見られる。

 一部の報道では、事務所問題という障害がなくなることで、現在交際中のヘアメークアーティスト菊地勲氏との結婚が加速するのではないかと見ており、年内のゴールインも可能性としてありそうだ。また、芸能活動は今後も継続する意向を示しているようだ。

 問題解決に向けて一歩前進したかにみえる“ゆうこりん”だが、ネットユーザーの反応は「個人事務所設立するのか」「引き取る事務所あるのか」「焼肉小倉優子はどうなるん?」「これから大変だな」といった今後の活動を心配する声が上がっている。障壁を乗り越えて笑顔で活動―といきたいところだが、胸を撫で下ろすのはまだ早そうだ。(編集担当:武田雄樹)

会津若松ホルモン焼肉

会津若松ホルモン焼き

新宿ホルモン焼肉

赤坂ホルモン焼肉

池袋ホルモン焼肉

新橋ホルモン焼肉

高崎ホルモン焼肉

宇都宮ホルモン焼肉

前橋ホルモン焼肉
posted by ホルモン at 01:52| Comment(0) | 赤坂ホルモン焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

赤坂ホルモン焼肉 『告白』映画化は大阪での焼肉がきっかけとプロデューサー

 東宝・映画企画部の映画プロデューサー川村元気さん(32)は、26才で『電車男』を企画・プロデュース。その後も、『陰日向に咲く』『デトロイト・メタル・シティ』『告白』『悪人』など、数々のヒット映画を手がけてきた。それらを生むための秘訣は何だろうか。

 川村さんは「秘訣や哲学はないです」といいきる。

「ぼくの映画づくりは感覚的。自分の生活実感といま日本人が抱いている“時代の気分”がどう重なるかがポイントです。不景気だからといって前向きな映画ばかりだとお客さんはドス黒いものも見たくなるはず。甘いものばかりじゃなくて辛いものも食べたいんじゃないかと思いながら映画づくりをしました。ムーブメントが始まってからそのお尻に乗ってもワクワクしないんです」

“先読み”の姿勢が昨年の2大ヒットを生む。『告白』は焼き肉を食べるためわざわざ大阪を訪れたとき、書店でたまたま原作小説を見かけたという。

「当時、初版が出たばかりで店員が怨念めいた手書きのポップを書いていたんです。それに惹かれて読んでみたら面白くて、すぐにどうやって映画にしようかと頭がいっぱいになりました」

 愛娘を殺された女教師(松たか子)が犯人の中学生に復讐を果たす『告白』の映画化に対しては、「何でこんなものを」と反対の声も少なくなかった。

「この映画は『最悪のことが起きてどんどん状況が悪くなり、いちばん最悪なところで終わる』と最初に中島哲也監督と決めていました。救いは一切描かないでおこうと。そうすれば、見終わったあとに家や飲み屋で『あれは良くない』『おれだったらこうする』と議論してもらえる。そこで観客自身のなかでエンドマークがつく作品にしたいと思ったんです」

※女性セブン2011年6月16日号

posted by ホルモン at 14:28| Comment(0) | 赤坂ホルモン焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。